不動産を高値売却するなら買主の労力とリスクを最小限にすることが大事!

MENU

査定額で500万円の差がでることも・・・

イエウールは国内最大級の不動産一括査定サイト!
簡単60秒の入力で、最大6社に一括査定を依頼することができます。
不動産会社によって査定額はまちまちだから、損をしないためにも無料一括査定の利用がオススメです!


不動産を高値売却するなら買主の労力とリスクを最小限にすることが大事!

 

相場の3割増しを引き出す5つの条件

 

<その2>は『買主の労力とリスクを最小限にする調査と準備』

 

多くの人にとって、不動産売却は一生に一度あるかないかです。

 

いくらで売ればいいのか?

 

誰に頼めばいいのか?

 

どうすれば高く売れるのか?

 

といった問題に頭を悩ますと思います。

 

『不動産を相場の3割増しで売る方法』著者の平田明さんにお話を聞いてみましょう。

 

 

 

買主の労力とリスクを最小限にする調査と準備を徹底的に行うこと。

 

私は売主なんで関係ないんじゃないですかと思いませんか?

 

思います。不動産会社がしてくれると思っていました。

 

買主か不動産会社がするから、売主は関係ないと思うんですが、そうではないんです。

 

そうすると安くなっちゃうんです。

 

 

 

買主がものすごく欲しい物件、絶対に買いたいという物件だったらちゃんと調べてくれます。

 

リスクのこともちゃんと調べますけども、そこまで思っていない状態だと、安かったら買おうかなとなってしまいます。

 

絶対この物件買おうと思ってもらうためには、どんなリスクがあるのか、リスクがキレイに全部見えていることが大事です。

 

不動産のリスクには、自分で調べられるものと調べられないものがあります。

 

例えば土の中、これは勝手に掘って調べることはできません。

 

土の中って何が問題なのかと言うと、液状化、土が弱いか固いのか。

 

それと土壌汚染。

 

土壌汚染はどんな不動産にもあるんですね。

 

ガスが含まれていないかとかこれも調べられます。

 

地下水が走っていると、水はけが悪く、ジュクジュクだったりします。

 

あとは地質の硬さ。

 

そう言ったものはちゃんと調べられるんです。

 

普通なかなか調べないのです。

 

 

 

その他にも敷地境界。

 

隣の家との間には境界がありますが、木の枝が境界を超えているとか、ブロック塀が傾いて境界を超えていることがあります。

 

こういったものは、後々問題になりやすいんです。

 

だから解決したうえで、買主さんに引き渡さないといけません。

 

それ以外にも心配になることっていっぱいあります。

 

それらを全て調査して、全然問題ありませんという状態にして売却をするのがいいわけです。

 

本来買主がやるべき調査とか、リスクのことも分かっている、ここまで揃っていれば後はやるかやらないかだけです。

 

リスクってわざわざ提示する必要がないようにも思うんですが・・・

 

値段が下がりそうだから、なんとなく隠してしまいがちです。

 

リスクをしっかり明示することで、買主に対する誠意になるんですね。

 

誠意が伝われば買主もしっかりとした値段を出そうと考えます。

 

それをこそこそリスクを隠してしまうと、後で分かることになるので、誠意が伝わりません。

査定額で500万円の差がでることも・・・

イエウールは国内最大級の不動産一括査定サイト!
簡単60秒の入力で、最大6社に一括査定を依頼することができます。
不動産会社によって査定額はまちまちだから、損をしないためにも無料一括査定の利用がオススメです!