不動産を高値で売買してくれる買主を見つける営業が大事!

MENU

査定額で500万円の差がでることも・・・

イエウールは国内最大級の不動産一括査定サイト!
簡単60秒の入力で、最大6社に一括査定を依頼することができます。
不動産会社によって査定額はまちまちだから、損をしないためにも無料一括査定の利用がオススメです!


不動産を高値で売買してくれる買主を見つける営業が大事!

 

相場の3割増しを引き出す5つの条件

 

<その4>は『徹底的な営業で高値の買主を見つけ出す』

 

多くの人にとって、不動産売却は一生に一度あるかないかです。

 

いくらで売ればいいのか?

 

誰に頼めばいいのか?

 

どうすれば高く売れるのか?

 

といった問題に頭を悩ますと思います。

 

『不動産を相場の3割増しで売る方法』著者の平田明さんにお話を聞いてみましょう。

 

 

 

徹底的な営業で高値の買主を見つけ出す、この徹底的なという点がポイントなんですが、普通これくらいの値段で不動産要りませんかと営業して相手が見つかったらそれで決まってしまいます。

 

でもその営業をした相手が一番高くかってくれるとは限りませんよね。

 

世の中にはその不動産物件を買う可能性がある人ももっとたくさんいるかもしれませんからね。

 

声をかけていないわけですから。

 

そうしたことを防がないといけないわけですが、どうすれば徹底した営業ができるかは3つポイントがあります。

 

@営業先リストをしっかり作り込む

 

100名のリストがあればそこを順番に営業できますが、どこに行ったら売れるかなの状態だと闇雲に営業をするしかないですよね。

 

だからリストをしっかりと作りこんでおくことが大事です。

 

先日165社に営業をしたんですが、どの順番に、どういった営業をするのかを決めておくんですね。

 

そうすれば迷いがないですから、一気に営業をすることができます。

 

A営業の量と質とスピードを同時に最大化する

 

量をこなそうとするとスピードが落ちますし、質を求め過ぎると量が減ってくるし・・・

 

営業の量と質とスピードを同時に最大化しようとすると、チーム力が大事になるんです。

 

不動産業界に多いのが、自分で仕入れてきて自分で売りに行くパターンですね。

 

そうすると体は一つしかありませんから、自分が持っていける先だけと限られてしまいます。

 

100先の営業をするにしても、1人10先ねと10人で手分ければすぐに終わります。

 

チームで効率的に営業するというのも大事なんですね。

 

B買主の懸念を取り除く

 

見込客もいろいろな要望があったり、どうなっているのか懸念事項があったりと心配なことがあります。

 

それを早くキャッチアップ、聞きだして、手を打つ。

 

このスピード感ですね。

 

検討してくれている買主さんが、だったら買うよという状態になるように、不安な所はないですか、聞いておくことはないですかと質問を続ける。

 

調べますよ、手を打ちますよと聞き続ける。

 

そうすると不安な点や質問点が出てきます。

 

徹底的に営業をする中には、アフターフォロー的な面も必要になるんですね。

査定額で500万円の差がでることも・・・

イエウールは国内最大級の不動産一括査定サイト!
簡単60秒の入力で、最大6社に一括査定を依頼することができます。
不動産会社によって査定額はまちまちだから、損をしないためにも無料一括査定の利用がオススメです!