近隣物件をまとめることで不動産を高値売却することが可能になる!

MENU

査定額で500万円の差がでることも・・・

イエウールは国内最大級の不動産一括査定サイト!
簡単60秒の入力で、最大6社に一括査定を依頼することができます。
不動産会社によって査定額はまちまちだから、損をしないためにも無料一括査定の利用がオススメです!


近隣物件をまとめることで不動産を高値売却することが可能になる!

不動産売却革命 第11話 6/13 OA

 

 

事例で見る円満高値売却

 

<その2>は『隣地を2軒巻き込んで139%UP!』

 

多くの人にとって、不動産売却は一生に一度あるかないかです。

 

いくらで売ればいいのか?

 

誰に頼めばいいのか?

 

どうすれば高く売れるのか?

 

といった問題に頭を悩ますと思います。

 

『不動産を相場の3割増しで売る方法』著者の平田明さんにお話を聞いてみましょう。

 

 

 

隣地を2軒巻き込んで139%UP!

 

2件巻き込んでと言うことは、売主さんと合わせて3件合わせて売却しましょうということです。

 

農地に多いんですけど、自分単独ではなかなか売りにくいってことがあります。

 

売却したい土地660坪の奥に、無道路の農地340坪があったんですね。

 

東側には、間口が10メートルの細長ーい農地が350坪ありました。

 

これらってなかなか単独で売りにくいと思いませんか?

 

でもこれを3つまとめたら、1350坪の希少性のある土地に大化けする土地なんです。

 

実際ここは45万円/坪が相場の土地だったんですが、入札をしました。

 

今までたくさんの入札オークションをやってきたんですが、ベスト3に入るくらいインパクトがあった入札だったんです。

 

55万円/坪を超えたらいいなと思っていたんですが、55万円/坪を超えまして、どんどん上がっていきました。

 

57万円/坪を超えて、59万円/坪を超えて、60万円/坪を超えて最後には62万円/坪まで一気に駆け上がりました。

 

128%アップで2億3500万円アップになりました。

 

 

 

相場価格は45万円/坪の6億円に戸建業者80社に営業をかけまして、5000万円アップの48万円/坪の6億5千万円を最低売却価格としました。

 

えんとりー7社での入札だったんですが、入札46件で62万円/坪の8億3500万円で落札したんです。

 

相場価格からみると、139%アップの2億3500万円アップしたことになります。

 

信じられない高値ですね。

 

ラスト30分だけでも3千万円アップしています。

 

こんなことがあるんですが、これは土地がまとまったからこそ出来たんですね。

 

土地をまとめたのは3家族ですが、血縁関係はありません。

 

単独の土地ではここまで価格が上がることはなかったでしょう。

 

そもそも3つの土地をまとめることはよくあることなんですか?

 

そんな簡単なことなんですか?

 

これは実際に難しいことですね。

 

いろいろな事情があって、お隣さん同士みんなが仲が良いわけではないんです。

 

協力できるかと言うと、タイミングも違いますし、一番多いのが誤解です。

 

何かしらの誤解から始まった関係悪化、5年前だったり15年前だったりするんですが。

 

この事例でもちょっとした掛け違いがありました。

 

初めは一緒に売却をしようというのは難しい状況だったんですが、よくよく話を聞いていくと誤解が見えてきて、その誤解を解きほぐすことによって一緒に売却しましょうとなりました。

 

この間、1年かかっています。

 

1年かけて誤解を解きほぐして共同で売却できたのですが、みんながメリットを享受することができたのです。

 

みんなハッピーですよね。

 

一緒に売ると言うことも大事なんですが、このひとつ前で関係性を解きほぐして、みんなが協力して売れること自体が大事なんですね。

 

第三者が入ることによって人間関係がまとまるということですね。

査定額で500万円の差がでることも・・・

イエウールは国内最大級の不動産一括査定サイト!
簡単60秒の入力で、最大6社に一括査定を依頼することができます。
不動産会社によって査定額はまちまちだから、損をしないためにも無料一括査定の利用がオススメです!